脂肪溶解って聞いたことはあるけど、よくわからない!怖いもの?

溶解した後は再びつかずに排泄される

食事をして摂取した栄養分は、体の中に吸収されたり排泄されたりします。この時エネルギーに関しては、運動などで使われる以外は脂肪として蓄積されます。脂肪がどんどん増えていくと、肥満状態になってしまいます。肥満を解消するために脂肪溶解と呼ばれる方法が利用できますが、いろいろな疑問があるかもしれません。まず方法は注射などで脂肪を溶解する成分を体に注入します。するとその効果によりどんどん脂肪が溶解されます。溶解された後又脂肪として付くのではないかと思いがちですが、一旦溶解されると再び脂肪にはなりません。体に不要なものとして、汗や尿、便などとして体外に排泄されます。尿や便などで排泄されるときも、他の排せつ物と混ざるので気づかないでしょう。

注射をしてすぐに溶解されるわけではない

脂肪を減らしたいとき、脂肪吸引手術だとすぐに脂肪を取ってもらえます。脂肪吸引は物理的に体内にある脂肪をどんどん吸引していきます。術後はダウンタイムがあるため腫れますが、腫れが引けばすっかり脂肪がなくなりすっきりした状態になります。脂肪吸引手術と同様に脂肪を減らせる方法として脂肪溶解があります。脂肪吸引のようにメスを使ったり機械を使ったりしないので、楽に脂肪が落とせると提案されて興味を持つ人もいます。注意点として、脂肪吸引のように即効性はありません。注射をして脂肪を溶かしますが、脂肪をしてすぐにどんどん脂肪が溶けていくわけではありません。一定の時間をかけて溶けていきます。また一度に広範囲、大量には行えません。

Copyright © . Beautiful Body Line. All Rights Reserved